ObjectStar変換

TIBCO ObjectStarからJava変換

CodeLiberatorツールは、TIBCO OSB - ObjectStarアプリケーションをJavaアプリケーションに変換します。 ルールの定義に加えて、Metastoreの画面定義、レポート定義、およびデータベーステーブル定義も変換プロセスの入力として使用します。 このソリューションは、言語のOSB特有の要素(型システム、変数の範囲、パラメータ化されたテーブルなど)を実装し、データベースの外部コードの呼び出しが正しく処理するようにマイグレーションを行います。


TIBCO ObjectStarアプリケーションのための移行方式

FreeSoft社のLiberatorWorkbenchの変換技術は、ターゲットアーキテクチャーによって、ObjectStarからJavaへの変換方式が異なります。 ObjectStarランタイム環境が持つのさまざまな要素を多くのテクノロジーで実装しますが、移植性と柔軟性のためにシンプルな実装方式を採用することご提案します。

  • ビジネスロジックはピュアなJavaに変換
  • データアクセス方式は標準JDBCを採用
  • セッションテーブルはインメモリーDBを採用
  • データベースはRDBMSに移行
  • オンライン処理はWebベースのアプリケーションに移行
  • VIEWについてはJSF又はJavaScriptによるHTML/JSONを採用
  • 通信方式はHTTPを採用

ObjectStarのユーザーインターフェイスのマイグレーション

ObjectStarユーザーインターフェースは、シンクライアントWebアプリケーションに移行し、オンライン処理の動的操作とビジネスロジックは継承します。 その結果、ユーザーへの影響は最小限に抑え、アプリケーションサーバーを利用したアプリケーションは同じビジネスロジックが実行可能になり、クライアント側は、標準のWebブラウザを利用したアプリケーションになります。

  • オンライン画面は、JavaServer Faces (JSF) 又はHTML/JSON/JavaSricptに変換
  • ファンクションキー操作も継承移行され、マウスクリックやキーボードのファンクションキーによる操作が可能になります。
  • 表現表示; 表現設計方式は、ランタイムテンプレートとスタイルシートによって操作が可能になります。
  • 画面設計定義はMetaStoreから継承

ObjectStarデータベースマイグレーション

アプリケーション業務のビジネス関連データ以外の情報がObjectStarデータベースに格納され、ObjectStarアプリケーションの実行させるために動的に制御するためのいくつかの種類の技術データが含まれています。 アプリケーション業務のビジネスデータは、外部データベースに格納され、ObjectsStar内にマッピングされることもあります。 ObjectStarデータベースのマイグレーションでは、あらゆる種類の技術データおよびビジネスデータ要素がDataLiberatorツールによって適切に変換され、技術データをデータベースに実装するための多くのオプションを利用します。

  • スキーマ情報 - TDS - MetaStorekからRDBMSにマイグレーションされます。
  • セッションテーブルはインメモリーDBに移行されます。
  • 画面定義/トランザクションなどのテーブルは、RDBMS又はNo-Sql型データベースに移行します。
  • トリガーや操作イベントルール定義などは、データベースのトリガー機能に移行又はJavaに実装します。
  • ObjectStarのスキーマ変換には第1正規形にのみが必要ですが、スキーマ変換には第3正規形が必要な場合があるため、LiberatorWorkbenchツールでスキーマ変換サポートされているいますが、Metastoreのスキーマ変換には、変換ルールの追加調整が必要になる場合があります。

ObjectStarのマイグレーションでのアーキテクチャー要件と課題

ObjectStarをJavaに移行する場合、新しいテクノロジー手法を適用するアーキテクチャー要素の必要性があります。

  • エラーハンドリング:エラーの意味を理解し、その処理をJavaに実装する必要があります。
  • ObjectStarのトランザクション処理は、Javaで同等の機能・操作する機能を実装する必要があります。
  • イベント処理は、Java側で同じ処理をハンドリングしなければなりません。
  • 画面テーブル定義は、MVCアーキテクチャーモデルに準拠する必要があります。
  • イベント処理は、Java側で同じ処理をハンドリングしなければなりません。
  • FORALLループ機能には、レコードセットを操作できる必要があります。
  • LIBRARYは、Javaパッケージ(JAR)に同等の操作が必要となります。

ObjectStarアプリケーションからJavaアプリケーションの変換を成功させるためには、いくつかのアーキテクチャ上の問題があり、独自のアーキテクチャーの実装が必要です。

  • TYPEシステム:Java言語に近い言語です - ObjectStarのLOCALデータは、宣言型ではありませんが、FreeSoft社のLiberatorWorkbenchのユーティリティクラス処理で特定のデータ型をサポートします。
  • 変数定義:ObjectStarのセマンティクスはカプセル化ではありません。 FreeSoft社は、ユーティリティクラスを提供することによって変数宣言を完全にカバーしています。
  • パラメータ化されたテーブル:強力な機能ですが、Javaでは標準的な表現方法がありません。 RDBMSスキーマの作成とJavaの適切な記述よってサポートします。
  • ObjectStarの非既存主キーのロック操作:特定の主キー値についてテーブルが照会され、レコードが見つからない場合、指定された主キーは存在しませんが「ロック」されます。 ObjectStar移行用に特別に実装された追加のユーティリティクラスでも同じ動作を保証します。

ObjectStarアプリケーションの最新化が必要な場合、ObjectStarを完全に機能的なJavaアプリケーションに変換する処理が必要なために、お気軽にご連絡ください。