JCL変換

JCLマイグレーション

FreeSoft社のLiberatorWorkbenchツールは、メインフレームJCL言語をシェルスクリプト、Windowsスクリプト、プラットフォームに依存しないJava / XMLなどのオープンシステムソリューションに変換します。 ジョブ制御言語の主な機能がサポートされており、いくつかの重要なユーティリティに代わるものも提供しています。 変換された出力は簡単に保守管理することができます、ソリューションは最も先進的なJavaとXML技術を使います。 出力スクリプトは、サードパーティのスケジューリングツールで起動/管理できます。 JCLジョブ情報を必要に応じてユニバーサルフォーマット(XML)で保存すると、バッチ実行の柔軟性と移植性が得られます。この場合、Javaベースで実装されたバッチ処理は、ターゲット環境でバッチプロセスを実行します。


JCL言語の変更方式

news-image-2レガシーアプリケーションでのメインフレームバッチ処理のサポート機能は、ビジネスアプリケーションの実行機能(アプリケーションプログラムの実行)、ユーティリティの機能実行、およびデータセットの管理です。 変換されたJCL言語のスクリプトソリューションは、以下を提供することで、オープンシステム環境に実装され、同じ機能が保証されます。:

  • ジョブ・ステップ単位のファイル管理が行えるシェルスクリプトに変換
  • カタログプロシジャ(PROC)のサポート
  • 実行管理のサポート
  • リターンコードの管理
  • リスタート機能のサポート
  • 高パフォーマンスのSORT機能のサポート