ソフトウエアモダナイゼーション

これまでIT投資によって開発・構築されたITビジネスプロセスは会社の重要な戦略的資産です。 しかし、これまで構築されたIT資産は、最新のアーキテクチャーに統合するのが難しいIT環境になり、時代遅れで最も高価な保守・運用費用がかかる独自のシステムで、レガシーアプリケーション環境に閉じ込められています。 これらの資産を保守・運用しながら、最新のIT情報技術の革新に合わせてそれらを進化させることは、すべての部門・組織にとって重要な課題です

レガシーモダナイゼーションは、これまでのアプリケーションへの投資資産を継承し、レガシデータの可能性を引き出す一方で、新しいテクノロジーによって、そのアプリケーションを利用するための方法です。 このレガシーモダナイゼーションによって保守・運用コストが削減され、新しいビジネス要件をサポートするために新しいテクノロジーをより有効に活用できるようになります

 

FreeSoft社は、レガシーアプリケーションのユーザーインターフェイス継承技術、モダナイゼーションサービスを開発してサービスを提供します。 COBOL、PL / I、Natural / ADABAS、VSAM、JCLなどのメインフレーム環境からJava、クラウド、RDBMS、NoSQLのような環境へのモダナイゼーションサービスに重点が置かれています。

多くのレガシーシステムを持つお客様は、レガシーシステムの脆弱性、保守運用費用の問題に直面しています:

  • レガシーシステムを開発・保守・運用できる経験のある技術者を確保することが困難な状況が起こっています。
  • レガシーアプリケーションの本番運用までには多くの工数と費用がかかり、保守・運用には多額の保守費用が発生します。
  • しかし、最新のIT技術で開発された新しいプラットフォームにレガシーアプリケーションとの結合は大きな技術的な課題があります。
  • 「コモディティ」タイプのソフトウェアに結合運用には、レガシーシステム側は、独自ソフトウェアのために高額な運用コストが必要となります。

増大する保守・運用費用がかかるレガシーメインフレームソフトウェア環境を利用する企業は、レガシーシステムを進化させそして新しい要求に適応させる方法を見つけることに挑戦しています。 CIOは、COBOL、PL / I、Naturalなどのより柔軟性の低い開発プラットフォームへの継続的な投資と、Javaエンタープライズテクノロジスタックなどのより柔軟で柔軟なパラダイムを採用することを決定することを余儀なくされています。 エンドユーザーからの要求に応えて、コンピューティングのコストを削減しながら、システムを拡張および強化する方法を模索しています。

FreeSoft社の実証された自動化された技術と方法によって、レガシーアプリケーションのモダナイゼーション を可能にします。 これにより、ビジネスロジックを保守・維持しながらアプリケーションを活性化し、最新の柔軟で適応性のあるアーキテクチャに再構築できることを意味します。