Informix 4GLおよびデータベースからJavaとOracleへの移行

news-image-2
ドイツにあるLGN社は、FreeSoft社のLiberatorWorkbenchを使用して、管理システム(AGN)をInformix 4GLプラットフォームからJavaに移行する方式を採用しました。


プロジェクト

マイグレーションアプリケーションは、53箇所にある地籍事務所と地理情報、土地と不動産管理のための14箇所の当局をカバーしています。 開発された4GLのアプリケーションのサイズは400フォームと35万行のコードの大きさでした。

このプロジェクトのマイグレーション目的は、Informix 4GLからJavaへのすべての機能を持つAGNアプリケーションを移行することでした。 変換は3段階で行われました。:

  • Informix 4GLからJavaへの自動変換
  • InformixからOracleへのデータベース移行
  • テストと品質保証、チューニング

ソリューション

このプロジェクトは、次のような主要な作業に分けられ、典型的な複雑な移行作業が発生しました。:

  • ターゲットシナリオの計画
  • プロトタイプによる移行検証
  • データベースの自動移行とアプリケーション変換
  • テストと品質保証、反復検証
  • 本番への移行実施とトレーニング

LGN社のマイグレーション効果

  • ビジネスロジックを戦略的なJavaおよびOracleプラットフォームに移行によって、レガシーIT資産の価値向上
  • レポート作成やXML処理などの外部インターフェースからコアビジネスロジックを分離を実現

コメントは受け付けていません。